作品概要

タイトル
ユリこくはく
ジャンル
少女告白系ミニビジュアルノベル ※成年向
収録CG枚数
基本28枚/内ED4種(差分込140枚)
動作環境
Windows XP/Vista/7(各OSが問題無く動く環境)
画面解像度…800*600以上/フルカラー
HDD空き容量…160MB
頒布価格
DL版価格…未定(各サイトで変動有)
パッケージ版…イベント価格1500円
その他
シナリオ…MK_s
原画・グラフィック等…てとらまっくす
当作品はLiveMakerで制作しています

ユリこくはく

更新履歴

2011-01-15
取扱店舗が増えました(DL版・パッケージ版)
2011-12-30
特設サイト公開

Story

はずかしくて……でも、あなただけに……

それはプールでの、ひそかな楽しみ。
こっそり隠れてする………おしっこ。

でも、クラスの皆にみつかって……!

ユリの、恥ずかしいこくはくを聞いてあげてください。

ゲームについて

こくはくシリーズ第二弾・ビジュアルノベルゲームです。
旧スク・日焼け跡・露出・オナニー……そしてお浣腸、おむつ、おもらし。
ユリと、その周りの人を巻き込んで起こるひと夏の出来事をお楽しみ下さい。

な、、夏に間に合わなかったんじゃないんだからね!
旧スクが好きなだけなんだからね!!

※本編に汚物描写を含んでいます。苦手な方はご注意下さい。
※DL版は規定により修正が若干強くなっています。ご了承下さい。

Character

Support/サポート

  • ソフトに関するお問い合わせは
    下記アドレスへお願い致します
    お手数ですが手打ちでお願い致します

SampleCG


排水口の1メートル位手前まできた。
(ここなら、ばれない・・・・)
クラスメイトに背をむけ水着の左足の付け根をつかみ、
股間をさらけ出した・・・・
【ユリ】(・・・ああ、たくさんの人がいるのに、こんなところで・・・)
後ろを振り返ると、みんな楽しそうにしている・・・
誰も気付いてない・・・。
そう思うだけで、ブルっと身震いした。




あどけない胸が露になったが、ユリは水着を上げようとはしない・・・・。
なぜなら、着直してはいけない雰囲気が・・・そこにはあったからだ。
【ユリ】「恥ずかしいよう・・・・・」
そう言うのが精一杯だった。
ナツキはその言葉に耳を貸さず、つっけんどんに言い放つ。
【ナツキ】「下は、自分で脱ぎな!」
【ユリ】「えっ!?」
【ナツキ】「できないの?・・・プールじゃ、あんなにすごいこと
してたのに・・・」
【ユリ】「あっ?・・・えっ?・・・・何っ?何でっ?・・・・」


チャプッ・・・!
!?
【ユリ】(えっ?・・・・キスじゃないの?・・・・)
キスはキスでも、先生がキスをしたのはユリの小さな胸だった・・・・。
【ユリ】「あっ・・・くすぐったいよう・・・・」
べろーん・・・れろれろっ・・・
【ユリ】「あふんっ・・・はぁ・・・・はんっ・・・」
執拗に、ユリの左胸に舌先で刺激を加え続ける・・・・。
れろれろれろれろっ・・・・

膝を立てて、ピッタリと閉じた状態で目を閉じて待っているユリ。
先生の気配を感じると、おむつをしやすいように、ピョコンと足を上げた。
【先生】「ははっ、かわいいよユリ・・・」
目をとじたまま、ポーカーフェイスを保とうとするが、
だんだんと顔が・・・全身が・・・・赤くなる・・・・。
たまらず目を開けるユリ。
【ユリ】「先生っ!遅いよーっ!早くしないと知んないよっ・・・・」
照れ隠しで、先生をまくし立てた。
【先生】「おお、そうだな!急がなくっちゃ・・・・」
先生は、ユリの腰の下に、おむつを広げ敷いた。